展覧会・イベント

【4/18開催】第7回パートナーズサロン 「ステンドグラスの世界」(終了)

第7回のパートナーズサロンではステンドグラス作家の村岡靖泰(現代の名工「卓越した技能者」)さんをお招きします。
村岡さんはセンターにあるステンドグラス作品「青藍の流体Blue indigo fluid 」と「芽生Sprout」を手掛けられました。

              

≪青藍の流体Blue indigo fluid≫         

                 

   ≪芽生Sprout≫              

それらの制作過程とともに、ご自身のヨーロッパでの経験を交えながら、

ステンドグラスの歴史、技法、表現等についてお話いただきます。

村岡さんが所有する貴重な資料を公開していただきながら、

ドイツのロルシュ修道院跡から発掘された現存する最古とされるステンドグラスをはじめ、

ヨーロッパ各地で見られる美しい作品、大聖堂建築について解説いただきます。 

また、阪神淡路大震災で建物が倒壊しても破損しなかった村岡さんのステンドグラス作品、
その強さはどこからくるのか。
ヨーロッパから学び、受け継ぐ制作の技法や、作品に使用される素材について、
実際の作品を前に語っていただきます。

光の芸術作品、ステンドグラスの美しさ、癒し、奥深さを感じるとともに、
40年近くステンドグラスの制作を続ける村岡さんの情熱に触れることのできる2時間です。

 

【村岡靖泰さん】 ©2017-2021 GLS-M photo

銀行員時代に旅行で訪れたノートルダム大聖堂のステンドグラスに魅了されて作家の道に進む。
1982年、イギリスの著名な工房「ジョン・ハードマン・スタジオ」に日本人として初めて弟子入り。

豪華客船クイーンヴィクトリア号のステンドグラス制作や大英博物館、

ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館での修復作業に携わった後、帰国。

1987年、神戸にステンドグラス工房「GLS-M(グラスエム)」設立、後進の指導にもあたる。

2015年、ステンドグラス作家では初めて厚生労働省より現代の名工(卓越した技能者)として表彰される。2017年、黄綬褒章を受章。宝塚市在住。

 

名称 第7回パートナーズサロン 「ステンドグラスの世界」
開催日時 2021年4月18日(日)14:00~16:00
定員 20名(申込先着順)
会場 宝塚市立文化芸術センター 1階・キューブホール
登壇者 村岡靖泰さん(現代の名工「卓越した技能者」)
参加料 宝塚市立文化芸術センター 2021年度パートナー会員限定イベント
(パートナー会員には、当日入会可能・入会金2,000円【税込/2022年3月末まで有効】)

参加無料(ただし、入場時にパートナーカードの提示が必要)
申込方法 ★3月25日(木)11:00から電話またはメールにて受付★
・ 電 話/0797-62-6800 (10:00~18:00/水曜休館)
・ メール/event@takarazuka-arts-center.jp
         メール件名「4/18パートナーズサロン参加」
         以下項目①~④を記入の上、送信してください。
          ①氏名
          ②電話番号
          ③2021年度のパートナーカードをお持ちの方は
          2021年度パートナーカード裏面に印字された9ケタの番号をご記入ください。
          ※2021年度パートナーカードをお持ちではない方は
           「当日入会」とお書きください。
          ④宝塚市立文化芸術センター個人情報の取り扱い:同意する
          ※個人情報の取り扱いについては、
          https://takarazuka-arts-center.jp/pdf/policy.pdf
          をご確認下さい。
          ※④についてご回答がない場合は、同意いただいたと判断します。
     
主催・お問い合わせ 宝塚市立文化芸術センター [指定管理者:宝塚みらい創造ファクトリー]
TEL:0797-62-6800
MAIL:info@takarazuka-arts-center.jp